琴を通じ、礼儀作法やおもてなしの心を育て、異文化の交流へ|

 

初めまして!

新メンバーの日ノ SUN(ひのさん)と申します。

なんと!なんと!!

最年少ピチピチの 10 代でございます!(笑)

今回初めて記事を書かせていただきます。

至らない点が多々あるかと思いますが、最後までどうぞよろしくお願い致します!

 

今回は京都府にある「京ごころ 二条城店 OINAINA KYOTO」にて、 琴体験をさせていただきました。

 

みなさんは琴を弾いたことはありますか?

私はこれまでに一度もありませんでした!

初取材で初琴! 初めてがいっぱいでワクワクです。

ニヤニヤがとまりません!!!

 

さあ・・・いよいよお店に入ります。
地下鉄 二条城前駅 2 番出口より徒歩 4 分。

素敵な黄色の暖簾が目印!

ドキドキな私を出迎えてくださったのは、 今回お琴を教えてくださる本田さん! とても優しい方です。

挨拶を交わし、早速琴に触れてみます!

 

 

まずは親指、人差し指、中指に爪をはめます。

そして楽譜をおいて、 初心者用の弦の位置を教えてくれる紙をセットすれば準備完了!

 

 

琴の楽譜はドレミファソラシドじゃなくて数字で音を表します。

日本の楽器!という感じがして、 個人的にテンション上がるポイントでした!(笑)

 

ではでは、早速弾いていきます!  よいしょ!!

 

今回弾く曲は「さくらさくら」。

こんな風に、爪で弦を弾いて音を鳴らします。

力を入れて弾かないと弱々しくて頼りない音が出てしまいます。

 

んー!難しかった!

 

だからすごく楽しくて何回も練習してしまいました(笑)

 

慣れてきたら、前奏などのアレンジを加えたりもしました!

そうする事で、より琴の演奏ぽくなっていい感じに仕上がります。

 

 

あきほさんも挑戦!(笑)

なぜか・・・今までずっと練習していた私より上手でした(笑)

 

 

 

 

なんて日だ!!!

 

 

 

 

 

今回は琴体験をさせていただいたのですが、 京ごころさんではその他にも、着物のレンタルや、茶道、華道、書道、 聞香、投扇興、練香や髪飾りなどの物作り体験など、様々な文化体験 ができます。

 

>日ノ SUN

私も今回初めて琴体験をさせていただきましたし、日本の伝統的な楽器に触れ られる機会ってあまりないと思うのですが、本田さんはいつから琴をされていたのですか?

 

 

 

>本田さん

幼稚園からです。何十年も前です。当時からずっと続けていたわけではなくて、この店を開くとなったときに、伝統文化の一つにお琴も入れたほうがいいなと思ってやっています。私も講師としてずっとやってるわ けではなくて、講師の都合が合わないときに、 私が講師をしています。

 

 

>日ノ SUN

そうなんですね!茶道とか華道とか書道とかも昔からされてたんですか?

 

 

 

>本田さん

そうですね。お茶もお華もお琴もそうですし、一通りは全部習いましたね。簡単でいいんですってお客様にはこちらからお教えしますけれども、深いところを勉強したい方には、講師の方を呼んでやらせていただきます。

 

 

>日ノ SUN

どうしてこういった沢山の日本の文化体験ができる場をつくろうと思われたんですか?

 

 

 

>本田さん

元々着物の着付けを始めるときに、やっぱり京都は着物というのが昔はイコ ールに近かったのに、もう今は全然西陣も落ちてますし・・・着物離れっていうのがね・・・。

立ち上げたのが 15 年くらい前なので、その頃は、ほんとに着物離れがひどく、なんとかならんかなって思ってました。

周りに聞くと着物には、成人式で 着た時にきつかったーとかしんどかったーとかそういうイメージがありました。

もっと気楽に着物が着れるように、普段でも着物を着て遊ぶっていう感覚で着物にまず馴染んでもらって、それからだんだん良い着物が欲しくなってもらうようなね、そういう流れが作れたらなっていうので始めたんですよ。

今はどこ歩いても着物着てはりますよね。

少し前まで着 物のレンタルが忙しくてできなかったんですけど、文化体験がいろいろある中での着物レ ンタル1つで、あとお茶とかお華とかもういっぱいの文化を全部楽しんでもらうのをやるのが理想だったんですね。

ここにきてそれが少しずつできるようになりました。

それと物作りに関しては、やっぱり京都にせっかく来たんだから、つまみ細工を作ったりとかね、 そういうお土産もそこらで買ったのじゃなくて、自分で作ったお土産を持って帰ってもら いたいなという思いで、お土産づくりもしようか、というので始めました。

 

 

>日ノ SUN

今、京都で着物を着て歩いて写真を撮るっていうのが流行ってますけど、書道 とか華道とかもそういう風に流行っていけばいいなと思ってらっしゃるんですか?

 

 

 

>本田さん

んー、たぶんね、流行るっていうのは違うんです。馴染むということですかね。

 

 

>日ノ SUN

あー!!

 

 

>本田さん

日本にはこんないいものがあるんですよ、ということを知らない人もいますよね。

意外と海外の人のほうが詳しかったりするの。書道とかもものすごい上手。

 

 

>日ノ SUN

 「えー!そうなんですね!」

 

 

>本田さん

特に留学生の方は、日本人より詳しく知っていて、いろいろなことを勉強してます。

やっぱり日本を勉強して来る人たちなので、日本の学生 さんの方が知らないこといっぱいあると思う。

日本の文化ってのはすごく沢山あるのに、触れるチャンスがあまりないからだんだん遠のいていくわけで。

昔みた いに日常茶飯事にあったら、それが自然にはいってくるので、そういう場所を作る事で、来たいっていう人が来て、

その人の子供さんや知り合いにどんどん繋がっていけばいいなと思います。

 

 

>日ノ SUN

確かに私、日本の文化全然分からないです。茶道とか書道とかも学校の授業と かでやったくらいだし、華道は一度もしたことがないし、その他の文化のことも全く知らないので、確かに日本が好きな外国の方のほうがよく知ってるのかなと思うと・・・ それは結構やばい・・・

 

 

>本田さん

「(笑)」

 

 

>日ノ SUN

日本人として酷いもんやなって、今話を聞いててすごく思いました。

 

 

 

>本田さん

やっぱり日本の誇りですよね、こういう伝統文化を持ってる国なんだから。

たとえば華道とかだったら、いろいろと基礎があったりしますし、お茶でもそうで すけど作法っていうのがあるんです。

それをきちんとやることによって自分の気持ちを 落ち着けることもあるし、心構えから所作振る舞いとか、そういうことを勉強していたら、 本来の日本人の心構えが、よみがえってきますよね。

もちろん西洋というか海外から入ってくるものってすごく新鮮だからもう馴染んでるけど、 でもちょっと離れてみると、日本ってこんないいものが沢山あるんやなっていうのに気づ いてもらえるとまたそれはそれで勉強したら楽しいですよ。

 

 

>あきほさん

茶道とかそういうのを通して礼儀とかマナーとかそういうのを学んでほしいみたいな・・・?

 

 

>本田さん

そうですね、そんなたいそうなものでもないんですけど・・・

 

 

>あきほさん

そういうのがあるのかなって思いました。今話聞いてて

 

 

>本田さん

そうですね・・・。日本の伝統文化って最初はやっぱり難しい!とか堅苦しい! とかみんな思ってると思うんですよ。

それを入りやすいようにしていくっていう のが大事かなって私個人は思っています。

お茶の先生の所に行って習うっていうのはハー ドルが高いじゃないですか?だからちょっと体験でやってみて、楽しかったらまたちょっと改めてそういう先生のところに習いに行かはったらいいことであって。

これは私のポリシーですけが、なんでも楽しいが一番だと思います。

 

 

>日ノ SUN

おおおおおぉぉ!!!!

 

 

>本田さん

仕事でも、自分が楽しんでやることっていうのは絶対身につきますね。自分にあったものを見つけていけばいいので、あー、自分には向かへんかったーっていうのであれば別にすることはないんですよ。でもその中に好きなことがあれば、それをまた勉強して、次の世代に広めていってもらったらいいですね。

 

 

>日ノ SUN

なるほど!

 

 

 

>本田さん

昔から決められたものをピッタシしないといけないっていう部分もありますが、それプラス今風に変えるっていうのももちろんありやと思います。書道でもそうですよね、今はパフォーマンスでいろんなことやってはりますよね。

あれ素晴らしいと思うんですよ。今風の楽しみ方っていうのを取り入れていってもらったらいいと思うんです。

基本さえしっかりしてたら。なんでもとっかかりって大事やと思うんです、着物でも、あんなかわいいの着たい!というのがきっかけですよね。着物ってしんどいと思っ てたけど、楽しかった!とか、清水とかいったら写真バシバシ撮られてモデルみたいでした!とかって喜んでかえってくる子もいますし。

 

 

>日ノ SUN

「(笑)」

 

 

 

>本田さん

そうすると京都行ってきた!ってのがずっと頭に残るわけじゃないですか、そういう思い出に残る何かをお手伝いできたらと。

 

 

 

>日ノ SUN

めっちゃ素敵ですね…。

では最後に、今の若者に向けて伝えたいことっていうのはありますか?

 

 

>本田さん

いやーそんなたいそうなこと(笑)

今の若い方たちみなさん素晴らしいし、い ろいろな観点で色んなこととらえてね。

今やったら日本の事だけじゃなくて、異文化交流も含めて、その中でまた日本って本当にいい国やなって思ったり、伝統文化って いいなって思ったり、またそれを海外の人に教えたりとか、逆に海外のいいところを吸収し ていったりとかしていったらいいと思いますよ。

世界情勢が色んなことになってきても、個人レベルではみんな仲良くやっていけたら海外に対するイメージとか、

海外から日本に対するイメージとかが変わってくると思うんです。

来た人にはみんな優しくするというのが 個人レベルの交流やと私は思ってるんです。

心をつくしておもてなしをする。日本って良かったよって思って帰っていただくための接客をしています。

若い人たちはあまり海外に対して悪いイメージはないと思うので、そのままの素直な気持ちで仲良くしてもらえ たらいいなと思います。

 

◇◇◇

日本の伝統文化を通して、日本の事をよく知ることができ、礼儀作法も学べ、世界との交流 もできるだなんてほんとに素敵だなと感じました。

「なんでも楽しいが一番!」という本田さんのポリシー、ほんと最高です!!

めちゃくちゃ Y-PU っぽい!!

琴、とてもたのしかったのでまた演奏してみたいです。

これ から色々取材していく中で、たくさんの日本の伝統文化に触れる機会があると思うので、そのたびに楽しい!と感じたことは大切にして次に繋げていきたいと思います。ほんとに勉強になりました!

ありがとうございました!!

すごくいいお店なので、是非みなさん遊びに行ってみてください☆

お問い合わせはこちら