「校外学習へ行こう」Vol.12 原田岳(前編)

Y-PU ENTERTAINMENT

~未来の扉を開く学校~

プレ企画「校外学習へ行こう」

 

校外学習では、チャレンジをして活躍されてる学生さんや社会人の方にインタビュー!

みなさん、夢や目標を持ってなにかに熱中してらっしゃる方々だよ!

なにか新しいことを始めるきっかけ、ヒントになりますように…☆

今回は前編・後編に分けてお送りします。

 

 

①プロフィール

原田岳さん

24歳

株式会社 DADA CCO(※1) 関西統括

(※1)…チーフコミュニティオフィサー

 

 

②活動内容

DADAのビジョンはニューコミュニティメーカー。

コミュニティを作って、新しいライフスタイルの選択肢を増やしていくことによって、若者が夢を描けるような社会を作っていこうというビジョンを掲げています。

そんな社会を作るための手段として、現在様々な活動を行なっています。

 

DADAの事業は3つあります。

1つ目がコミュニティハウス アオイエ。

夢を持った人たちが一緒に暮らすことによって、彼らが夢を描けたり、切磋琢磨できたりする若者向けのシェアハウスです。

企業数十社と提携しているので、生活のサポートがあります。

(荷物を預けるサービスやプログラミングコミュニティ、農業体験など)

また、2ヶ月に1回、アオイエゼミを開講しています。

社会のプロフェッショナルをアオイエへ呼んで、講義やディスカッションをしています。

(過去には、DeNAの南場会長や衆議院議員の石破茂さんなど)

さらに、アオイエは東京に11軒、京都に3軒、大阪に1軒(20197月現在)あるのですが、住人であればそれぞれのハウスの滞在費は0円になります。そのため、京都の学生はインターンや就活で東京へ行くときに活用できます。

 

2つ目がバスハウス。

29人乗りのマイクロバスを改造して住めるようにした、移動式の住居です。

最終的に目指してるのは移動の自由化で、いつでもどこへでも行けるようにしたいです。

 

3つ目がMosh KYOTO。

地域を繋げるオンラインプラットフォームです。

地域のコミュニティや面白い人たちを繋げて、学生や若者がチャレンジできるような環境を構築します。

月一でメンバー同士の勉強会があったり、アオイエゼミの録画が見れたりします。

また、アイデアが出たときにすぐに実行に移れるよう、プロジェクトを支援できるようなシステムを作っています。

メンターが入ったり、なにかやりたいけどなにをやったらいいのか分からない学生をそのプロジェクトに繋げたりします。

 

 

③きっかけ

僕は福岡県のど田舎出身です。

将来の夢を語るといじめられてしまうような土地で育ちました。

大学で東京に出ると、人、物、情報、お金、全部集まっていて、出会う同世代は追いつきたくても追いつけないやばいやつがいて「今まで俺はなにをやってきたんだろう」「東京で生まれていたらもっと変わってたんかなぁ」と絶望しました。

逆に全然努力してなくて面白くないやつもいて、「東京で育ったのにこいつらなにやってんの?」っていうどこへ向けたらいいのか分からない憤りや怒りを感じました。

そのエネルギーを向けた先に思ったことが「この社会を変えよう」ということでした。

 

そこからバーテンダーやクラブイベント、ファッションショーなど色々やってきて、のちにアオイエに入りました。

アオイエは毎晩学生が夢を語っていて、すごくワクワクする場所。

こういう場所が地方にもあったら地方の若い人たちって救われるんじゃないかなぁと思いました。

そのタイミングでアオイエが法人化し、代表から声をかけられてCCOとしてジョインしました。

 

京都へは2018年の5月頃、関西で展開するタイミングで来ました。

色々な若い人たちと会う中で彼らがチャレンジできたり、成長できたりする環境ってアオイエだけで解決できないことに気づきました。

アオイエに入りたいけど、金銭的ハードルが高かったり、親が応援してくれなかったりする人。

このままでは多くの人たちを巻き込んで、彼らの応援することはできないと思い、オンラインで挑戦できる場所=Mosh を作ることにしました。

 

 

次は後編!

原田さんの活動していてよかったと思うことやこれからの夢など、必見です!

 

【株式会社DADA ホームページ】

https://dadainc.co.jp/

【アオイエのサービスサイト】

https://www.community-house.jp/

現在Mosh KYOTOは募集を受け付けておりません。

 

インタビュアー:小林舞花、谷口莉子

前編記事:小林舞花

Y-PU ENTERTAINMENT~未来の扉を開く学校~とは?
https://y-pu.jp/2019/05/05/entertainment/

お問い合わせはこちら