「校外学習へ行こう」Vol.12 原田岳(後編)

Y-PU ENTERTAINMENT

~未来の扉を開く学校~

プレ企画「校外学習へ行こう」

 

校外学習では、チャレンジをして活躍されてる学生さんや社会人の方にインタビュー!

みなさん、夢や目標を持ってなにかに熱中してらっしゃる方々だよ!

なにか新しいことを始めるきっかけ、ヒントになりますように…☆

今回は原田さんの取材の後編をお送りします。

 

 

④チャレンジしてよかったこと

アオイエで住人が旅立っていく瞬間。

アオイエでの成長や夢が決まって違う場所でチャレンジしに行く姿を見るのはやりがいがあります。

彼らがここで変わってくれて、また前へ進めるならそれは嬉しくて幸せなことだと思います。

そういった人々が「将来一緒に仕事しましょう!」と言ってくれるのが幸せです。

やりたいビジョンの達成は永遠に来ないけれど、成長を見ると「やっていてよかった」と思います。

「少しやってみて分析して、また小さい挑戦からやってみる」。

それが成功すると自信につながり、また新たな挑戦に繋がります。

 

 

⑤これからの目標 

この一年は「関西の学生1万人を渦巻く」という目標を掲げています。

誰もが夢を持って、誰もが理想の社会を目指して、切磋琢磨して競争し合って、生きて行けるような時代をつくりたいです。

長期的な目標は、日本中で若者が熱狂してチャレンジできるような社会を創ることです。

どこにいても、どんな家庭に生まれても、どんな地域で育っても、理不尽な壁などを感じることなくその壁を壊してもっとチャレンジできるようにしたい。

自分の子どもができたら、胸を張って「チャレンジしていいんだよ」と言えるような社会を創りたいです!

 

 

学生に向けてのメッセージ

「爆発的に生きろ」ということです。

「芸術は爆発だ」という岡本太郎さんの言葉()が好きで。

もっと感情に従って己を肯定しながら、自信を持って自分を持って失敗していってほしいです。

 

()岡本太郎さんの言葉

「ぼくが芸術というのは生きることそのものである。

 人間として最も強烈に生きる者、無条件に生命をつき出し爆発する、

 その生き方こそが芸術なのだということを強調したい。

 

  芸術は爆発だ

 

 これは随分前からの私の信念であり、貫いてきた生き方だ。

 全身全霊が宇宙に向かって無条件にパーッとひらくこと。

 それが爆発だ。

 人生は本来、瞬間瞬間に、無償、無目的に爆発しつづけるべきだ。 

 いのちの本当のあり方だ。」

 

【株式会社DADA ホームページ】

https://dadainc.co.jp/

【アオイエのサービスサイト】

https://www.community-house.jp/

現在Mosh KYOTOは募集を受け付けておりません。

 

インタビュアー:小林舞花、谷口莉子

後編記事:谷口莉子

Y-PU ENTERTAINMENT~未来の扉を開く学校~とは?
https://y-pu.jp/2019/05/05/entertainment/

お問い合わせはこちら